主にDTX譜面、たまに日常の出来事といったものをちまちま更新しますよ。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1970年01月01日 (木) | 編集 |
1.欲しい曲の譜面を"DL"からダウンロード。
  


2.曲の入手。
  公開した譜面の曲がUPされているサイトのURLを
  記事ごとに貼りますので、そこから何らかの方法で
  曲データを入手してください。
  入手方法としては、
  ・Any Video Converter フリー版でのダウンロード  DLはこちらから
  ・SoundEngine Freeでの録音  DLはこちらから
  など様々な方法がありますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。
  CDを持っている場合はCDから入手してください。
  対応している拡張子は把握しきれていませんが、
  少なくともmp3やwavは問題なく使えます。



3.DTXCreatorのダウンロード。
  ダウンロードから起動までの流れはこちらをご覧ください。



4.DTXCreatorでの曲データの設定及び配置変更。
  採譜や画像、BPMといった基本的なものは既にこちらで設定していますので、
  曲データの設定と曲データの配置変更を行ってください。
  詳しいことはこちらをご覧ください。
  ここでも簡単にではありますが説明します。
  まず、以下のことをしてください。

  (1) "1."でダウンロードしたフォルダの譜面データ等が入っている
     場所に曲データを移動。
  (2) (1)のフォルダをDTXCreator内に移動。
  (3) DTXCreatorの起動
  
  DTXCreatorのメニューバーから"ファイル"を選び、
  "開く"から譜面データを選択し、譜面データを開いてください。
  設定する部分は青枠、配置変更する部分は赤枠で囲っています。
  青枠を設定し直さないと曲が再生されず、
  赤枠を変更しないと音ズレが発生します。

bdcam 2012-10-05 16-09-13-343

  曲データは01に設定してあります。
  青枠内をダブルクリックしてサウンドプロパティを開いてください。

bdcam 2012-10-05 15-50-37-468

  "参照"から入手した曲データを選択後、
  「このサウンドをBGMとして使用する」にチェックをつけてOKを押してください。
  これで青枠の設定の完了です。

  また、赤枠部分の配置変更はこちらの中段付近、
  音ズレの確認等は下段付近の「試し演奏のしかた」をご覧ください。

  全て完了したら上書き保存を忘れずに。



5.プレイ
  お疲れ様でした。

分からない点がありましたら分かる範囲でお答えいたしますので
この記事にコメントお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。